九州地方に薬局を展開する株式会社大賀薬局がGoogleマイビジネス一括管理を可能とする”Canly(カンリー)”を導入決定

店舗に関わる全ての人に、最も信頼されるインフラを創るをミッションとしている株式会社カンリーは、九州地方に薬局を展開する株式会社大賀薬局にGoogleマイビジネスや各SNSの店舗アカウントを一括管理する「Canly(カンリー)」の提供を開始いたしました。

詳細についてはこちらよりご覧ください。

1. 導入背景

株式会社大賀薬局は、Googleマイビジネスの管理を行っていたが、100を超える店舗情報の更新に時間がかかり、お客様の声である「質問」や「口コミ」にスピード感をもって対応できなかった。また、デジタルやアナログなど多岐に渡る広報関連での店舗情報を一元管理出来ていない為、情報に齟齬が生じており、情報の更新がスムーズに行われていない状況を改善したいが対応できず、同社の悩みの種となっていた。

2.今後への期待

株式会社大賀薬局は「地域の皆様に寄り添う薬局であり続けるためにも、正確な情報発信とお客様とのコミュニケーションツールとして、Googleマイビジネスを有効活用するツールとして期待しています。」とGoogleマイビジネスへの関心を寄せていた。このような背景のもと、Googleマイビジネスページの管理時間の大幅削減やスピーディーな最新情報の提供、管理の内製化を目的に、株式会社カンリーが運営するCanly(カンリー)の導入を決定した。

Canly(カンリ―)を導入することで、Googleマップ上の各店舗の情報の一括管理、Googleマイビジネス上の運用コストの大幅削減が可能となる。これにより、コロナ禍の環境にマッチしたGoogleマップを起点とした採用やデジタルマーケティング強化を狙う。

3. Canly(カンリー)について
Canly(カンリ―)は、Googleマイビジネスや各SNSの店舗アカウントを一括管理することで、管理・運用コストの削減、データ分析により店舗運営上の課題を特定し施策の改善につなげる店舗管理クラウドサービス(国際特許申請済)。
サービスページ:https://jp.can-ly.com/
資料請求はこちら:https://jp.can-ly.com/contact/

4. 本件に関する報道関係者からのお問合せ先
株式会社カンリー 担当:岡本
メールアドレス:info@can-ly.com

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。